リレンザでめまいが起こる人の予防法

インフルエンザは抗生物質の一つであるリレンザを使うと、ウイルスの増殖を防ぐことができるので重篤な事態に陥る前に回復します。
リレンザはインフルエンザに使われる抗生物質の中では副作用が少ないとされますが、めまいなどを訴える人もいます。
あまりにもめまいがひどい時は、薬を変えてもらうなどを医師に相談しなければなりません。
リレンザを使うことで時々めまいが発生して気になる程度であれば、適切な予防法を実践すると良いです。
めまいが起こった時は、カモミールなどのハーブティーが鎮静作用があっておすすめです。
反対に興奮作用のある飲み物は誘発する恐れがあるので、飲まないようにします。
カフェインを含んでいるコーヒーや紅茶、緑茶は神経を興奮させます。
お酒は脳の機能を低下させて症状をひどくさせます。
そもそもインフルエンザに感染している時は発熱による脱水症状になりやすいので、利尿作用のあるアルコールは飲むべきではありません。
タバコを習慣的に吸っている人は、それを止めるだけでも予防法になります。
タバコに含まれているニコチンが血液の循環を悪くするためです。
運動は予防法として効果的です。
ストレスもめまいを起こしやすくする原因で、気づかないうちに蓄積している可能性があります。
運動は気分転換に最適で、得意でない人もウォーキングを20分~30分行うだけでリフレッシュします。
運動の刺激は耳にある三半規管を鍛えられるので、体の平衡感覚が正常になります。
貧血気味の人はリレンザでめまいが起こらないように、鉄分を摂取します。
ほうれん草といった緑黄色野菜やカツオ、レバーなどに含まれており、ビタミンCと一緒に摂取すれば吸収率がアップします。