飛沫感染による関節痛にはリレンザ

日本の冬は多くの人がインフルエンザに感染します。インフルエンザウイルスは飛沫感染で多くの人の体に侵入します。飛沫感染とはウイルスに感染した人のくしゃみや鼻水などの飛沫を吸い込むことで感染していきます。飛沫感染によってウイルスを吸い込んでしまうと肺でウイルスが大増殖を始めます。すると体がそのウイルスを体外に排出しようとして40度近くの高熱や下痢、嘔吐といった抗体反応が見られるようになります。特に40度を超える高熱に見舞われると、全身の関節に関節痛が見られるようになります。関節痛によって体はますます消耗し、いつも通り生活することが難しくなります。こうしたインフルエンザ独特の症状が見られた場合、すぐさま専門治療薬であるリレンザやタミフルを服用しなければいけません。インフルエンザウイルスの肺での増殖はリレンザやタミフルといった薬でしか増殖を食い止めることができません。リレンザは医療機関で診察を受ければ処方せんを受けることができ、手に入れることができます。しかし医療機関で処方されると診察代と薬代がかかり、治療費が割高になるのは否めません。リレンザは医療機関だけではなく、インターネットで手に入れることもできます。インターネットの通販サイトや個人輸入でもリレンザを手に入れることができます。こうした販路を利用すれば診察費用がかからず、格安で薬を手に入れることができます。リレンザはタミフルと違い、粉末薬を吸入するタイプの薬です。そのためダイレクトに肺に薬を充満させ、ウイルスの増殖を食い止めるので即効性に長けた治療薬であるとも言えます。また他の持病があって薬を服用していても飲み合わせや副作用を気にする必要がなく、誰でも汎用性の高い治療薬であると言えます。